ベタ:泡巣という言葉を知る

私のベタのボトルには

水面に気泡が浮いています。

つい先日までは水が汚れているのか??と懸念しておりましたが、

『ベタの泡巣』

という言葉を目にし、もしや、、、と思い調べてみました。

泡巣
繁殖時オスが口から泡を作り築く、子育ての為の巣。メスが生んだ卵をこの泡巣にくっ付けて卵を育てる。

このような種類のベタを「バブルネスター」といい

他にも「マウスブリーダー」といって、泡巣ではなく、卵を口の中で育てるタイプの種類も居るそうです。

そもそも

家のベタは「オス」なのね。そんな事も知らずに居たとはお恥ずかしい。

巣と呼べる程の立派な物では無いのですが、チョット嬉しい(^^♪

私の家ではベタは単独飼育。メスとペアで飼っているわけでは無いのですが、

『泡巣』を作るんですね。

どうやら単独飼育のオスでも『泡巣』を作る事はあるそうで、これは繁殖準備が出来ている健康体であるとの事。

とっても安心しました。

ベタ君のお家作成中。

生き物を飼っていると、観察します。

観察発見に繋がり、それが私の「知識」となります。

そして、それを可能にしているのはインターネット、SNSです。

今後も楽しい発見から多くの知識を得れるよう、観察を続けていこうと思う

今日この頃なのでした♪

インスタ、ツイッターもやっています。また、YouTubeにてアクアリウム素人奮闘動画の作成をしております。宜しかったらそちらも覗いてみて下さね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です