ボトルアクアリウム:新規立ち上げ⑤注水。そしてエアレーションとバクテリア。

さて、ミスト式で約1ヶ月植物を育てたボトル。

前景草の緑が濃く鮮やかで

また、ピンセットで植物を軽く摘んでみても根張りしている事が実感出来たので

注水のタイミングとしては良いのではと判断しました。

底床の土や砂、植物が水の力で舞ってしまわないように慎重に。

ミスト期間に湿度保持の為に使用していたラップをそのままボトルの底へ敷き、

更に手で水を受けとめて優しく注水をしました。

生体をすぐに入れる予定ではなかったので水道水でも問題は無かったかと思いますが

水槽用の浄水器を持っているので

そちらを通した水を注水する事にしました。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/discountaqua2/10000666.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img

注水後はバクテリアの繁殖を目的として、約10日程度エアレーションをする事にしました。

バクテリアとは

お魚さんの排泄物に含まれるアンモニア

そのアンモニアが水槽内の環境を悪化させてしまう原因の一つなのですが

それをバクテリアが分解。

お魚さんにとって有害な

アンモニア亜硝酸さらには硝酸塩へと

害の少ないものへ変化させて水槽内を綺麗に保ってくれるという

大切な役割があるのだそうです。

私が今回使用したのはGEXのエアーポンプ。

https://www.amazon.co.jp/s?k=gex%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97&hvadid=340190415977&hvdev=m&linkCode=plm&tag=yahjphydrstd-22&ref=pd_sl_9ak6t21tb4_e

エアーチューブとエアーストーンを接続し設置完了。

エアレーションで酸素供給をする事で酸素を好むバクテリアの活動を活発にし

ボトルのお水をキラキラにしてもらおうという算段なのですが、、、

さて、このエアレーション作戦で

ボトル内にバクテリアが住み着き、ピカピカのボトルアクアリウムが出来上がるのでしょうか。

instagram、twitter、YouTubeにて私のアクアライフを紹介しています。良かったらそちらも覗いてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です