ボトルアクアリウム:新規立ち上げ③ミスト式と植栽内容

今回新たにボトルアクアリウムを立ち上げるにあたり、採用した方法が

ミスト式

ミスト式とは

水槽立ち上げの際

植栽後すぐには注水せず

約2週間から1ヶ月、水草がしっかりと根付くまで

水上葉として

水草を育てるというもの。

通常植栽しすぐに植栽した水草は

まず根付くまでに時間を要します。

その間、葉の成長は止まるようです。

それに比べ

既に根のしっかりと張った水草は

注水後すぐに元気よく葉が展開し

苔の発生が起こりにくい環境を作ってくれるようです。

これは素晴らしいメリットです。

勿論、水草は

水上管理可能な種類を選択。

私が今回主に使用した植物はこちら。

キューバパールグラス(組織培養2カップ)

オーストラリアンクローバー

アンペライ(抽水植物)

ベニフヒメアシ(抽水植物)

ボトルから飛び出す植物をレイアウトとして使用したかったので

今回ビオトープ等によく使われる

ベニフヒメアシとアンペライを選びました。

次回は製作過程を記事にしたいと思います。

instagram、twitterでは現在のボトルの様子をご覧いただけます。

またYouTubeにて製作過程の動画をアップしていますので

そちらもあわせてご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です