アクアリウム:水草育成に必要な3大栄養素を学んだ

先日、

東京は目黒区にあるアクアショップ『H2目黒店』を訪ねました。

そこで「水草育成に必要な3大栄養素」について教えて頂いたので、忘れないうちに記事にしたいと思います。

さて

植物が光合成するにあたり必要な

『光』と『二酸化炭素(CO2)』については以前のブログでお話ました。

過去ログ☟

https://akadama.love/2019/04/05/水草水槽の照明とco2のタイマー管理/

また、光合成や成長を行うためには

水中にある栄養素も必要となるそうです。

それが

『窒素』『リン』『カリウム』

これが『3大栄養素』といわれる水草育成に必要な代表的なものだそうです。(そのほか微量元素も必要)

では

それぞれの栄養素について簡単に。

『窒素』・・・葉や茎の形成に必要。水草の枯れ葉や生体のフンなどから発生。

『リン』・・・実をつけたり花を咲かせたり、また新芽の成長に必要。魚の餌に多く含まれており、餌の食べ残しから発生。

『カリウム』・・・水草の成長を促進。水槽内の栄養素を水草が成長する際に吸収し、水槽内の富栄養化を防ぐ。水槽内で自然発生することは少ない。

つまり

『窒素』『リン』に関しては、生体の居る水槽内では自然と発生しているのに対し

『カリウム』は不足する事が多く、添加してあげる必要があるという事です。

そこでお勧めして頂いた液肥、『ADA ブライティーK』を購入しました。

90㎝水槽に対し必要量は8プッシュとあるのですが、ショップの方のアドバイス通り

まずは4プッシュを毎日餌やりと同時に添加する事にしました。

栄養は多ければ良い、という事では決してなく

全ては『バランス』

足りている栄養素を足しても意味はなく、足りないものを人為的に補う事が必要なわけです。

という事で

私の水槽に不足しているであろう『カリウム』をまずは4プッシュ添加する事から始めて

水槽の状態、特に水草の育成状況を観察していきたいと思います。

さて、変化はあるのでしょうか。。。

インスタ、Twitter、youtubeにて私のアクアライフの配信をしています。

宜しかったらそちらも覗いてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です