ベランダビオトープMAIN鉢、植栽内容Pt.2ウォータークローバー編

前回の続きです。

陸上部分に植栽したウォータークローバーですが、こやつがまた勢力がスゴイ!!!地球の裏側まで根を伸ばすんじゃないかってぐらい、ありとあらゆる所へ顔を出してました。

名称:ウォータークローバー

学名:Marsilea qudorifolia L.

和名:デンジソウ

分布:オーストラリア

ランナーと呼ばれるツルのようなモノを横へ横へ土の中を這わして成長し、色んなところへ葉っぱを展開していきます。

ネットからの引用:横に這わして伸びているのがランナー。

幸せの四つ葉のクローバーにそっくりで本当にとってもカワイイ葉っぱです。夜になると葉っぱを閉じる姿も、何とも愛くるしい植物。水上でも水中でも育つ水生植物で、水中に植栽すると茎を水面まで伸ばし水面で葉っぱを広げます。その姿はとっても美しいです。

2018年7月29日インスタ投稿写真より:ウォータークローバーで大渋滞。。。

ただ私の場合

地植えで植物自由奔放スタイルなので、奔放に伸びたランナーを切っては抜き、切っては抜きの繰り返しでした。ですので

ウォータークローバーの地植えはあまりお勧めしません。鉢全体をクローバーで埋め尽くした場合にはもってこい!です。

という事で、ウォータークローバーさんには残念ながら『撤退』して頂きました。
その後、ウォータークローバー跡地に迎えたのは

『ADA侘び草エキノMIX』。

侘び草については、次回の記事で。次回でMAIN鉢、植栽内容は最終回、、かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です