パルダリウム、レイアウト④レイアウトの手順と現在


私のパルダリウムの現在の植栽状況です。

上から見た状態

作成した際の手順はコチラ↓↓↓

①低床づくり・・・鹿沼土をケージの底一面に敷き赤玉土、黒土の順に重ね床を作成。

②流木、石配置・・・凹型構図の基礎となるように流木2本を交互に斜めに配置。流木の固定に石を使用。

③流木に苔等配置・・・シノブゴケ、ハイゴケ、マメヅタを流木の上に置くようにレイアウト。

④植栽・・・ベゴニア、プテリス、ユキノシタ、ブロメリアを低床の土へ植栽。

⑤低床に苔配置・・・植栽後の空いたスペースにスギゴケ、スナゴケを置くように配置。

⑥低床に河原の砂、風山石(小)配置・・・アクセントに左隅と右上にレイアウト。

⑦トキワシノブ、ジュエルオーキッド追加・・・両種とも土へ植栽しない種類の植物の為乾燥のミズゴケに水分をしっかり吸わせて戻し、植物の根本を優しく包んで配置。

2018年12月10日に作成してから93日目。

ベゴニアとスギゴケが購入時と色、形ともに変化しています。

季節による太陽光の波長の違いや湿度環境に影響され、変化している可能性があります。こんなにも姿、形が変わるんですね。面白いです。これからも観察を続けていきたいと思います。


ベゴニア:購入時
ベゴニア:現在
スギゴケ:購入時
スギゴケ:現在









1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です