タイ植物旅行:タイで購入した植物を日本へ持ち込めるか⑦最終回

You have to go back.

その言葉に

これで本当に終わるのだろうか、と

不安になりながら

またもやバイクタクシーで検疫証明書発行所へ。

最後の最後で優秀なバイクタクシーに恵まれ、迷う事なく一発で目的地に到着。

輸送分の検疫もこちらで行なっているようでした。

そして、そして、

ついに

発行されました。

全て終わったのが

夕方の4時頃だったかな。

結果は

・ビカクシダ リドレイ (板付) 2pcs

・ラン(板付) 2pcs

・ラン(ポット苗) 4pcs

・ウスネオイデス(スパニッシュモス) 3pcs

CITESが無ければもっと短時間で済んだんでしょうけど

それにしても

長い長い1日でした。

ブログもこんなに長くなるとは思いませんでした。。。

それだけ

内容の濃い一日でした。

因みに

日本での検疫は

案外あっさりと通過。

バンコクで購入したスーツケースに植物を入れて預けました。

やはり

現地、タイでの

『検疫証明書』

が大切という事ですね。

これを見て

やってみたい!

と思う方

やらないな!

と思う方。

それぞれかと思います。

でも

もし記念にしたい植物に出会ってしまったなら

やってみる価値はある、かも⁈

インスタやツイッター、YouTubeでも

タイの植物紀行をアップしております。

興味のある方は

是非そちらもご覧下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です